椎間板ヘルニア物語Ⅲ

 思えば、昨年のH30年 正月開けにゲレンデスキーを二日連続、数年振りに思いっきり滑ったのが始まりでした。その翌日から、左足のハリと少しの痺れが一週間ほど続きました。あれは、何だったんだろう?治ったんですけどね~。 2月の美瑛スキーマラソン大会も完走は出来ませんでしたが異常は起こらず、数度の登山、ランニングの練習時にも異常は無し、いつの間にか、あの嫌な感じは忘れてしまい、自信過剰状態になっておりました。あの嫌な感じは、9月30日のハードなランニングで又しても起きました。ひと月後のフードバレーに間に合わせようと、自己記録の更新もと思いながら実力以上の走りをした後に起きました。症状は正月明けの時と同じです。あの時は治った!・・・で、治らないままなのに、フードバレーマラソンに出場! 変な走りだなと思いながら頑張りました。第一関門から右足がランナー膝と同じ痛みが続いて、第二関門の14キロで耐え切れなくなり、リタイアです。痛かったのは右足ですよ!(左足が弱いせいで、右足に負担がかかり右足に痛みが出るんですよ。と、5年前に言われたのを忘れて・・過ごしてました。) それから一週間後に、この度のヘルニアです。「ボーと生きてたら、ズキーン”です」   しかも、2月には、またもや大再発です。   三週間ほど前ですが、お客様の知り合いが、「71歳でモーグルスキーをやり過ぎて、椎間板ヘルニアになり、名古屋で手術したそうです。その方は一週間後には、復活し春にはゴルフをやっていたよ!!!」 ですって!!! 「秋山さんも大丈夫ですよ!」 と、お客様ご夫婦から励まされました。 あの病院だ! 調べていた病院の一つでした。 俄然、やる気が起きました。

Comments are closed.